čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

ã‚ĒグプロđŸģ

æ—ĨæœŦčĒžãƒŠãƒƒãƒ— ã‚ĢãƒŦãƒŧ Mr.Children į…™č‰ がåĨŊį‰Šã§ã™ã€‚

キãƒŖãƒĒãƒŧバッグ

 

 

į”Ÿãžã‚ŒãĻ初めãĻéŖ›čĄŒæŠŸãĢäš—ã‚Šé…ã‚ŒãŸã€‚ã—ã‹ã‚‚åž…ãĄãĢåž…ãŖたåŊŧåĨŗã¨ãŽæąäēŦæ—…čĄŒãŽã ã€‚
įĸēか8:05į™ēįžŊį”°čĄŒãã ãŖたはずâ€Ļã„ã‚„ã€ã‚‚ã†äš—ã‚Šé…ã‚ŒãŸãŽã ã‹ã‚‰ãŠã†ã§ã‚‚č‰¯ã„ãŽã ã€‚

 

 

「夜更かししたお前がæ‚Ēいんだろīŧīŧã€

 

 

わかる。įĸēかãĢそうだ。äŋēは昨æ—Ĩ夜中ぎ2時ごろãĢ寝åēŠãĢついた。だけおそうãĒãŖãĻしぞãŖたぎãĢã¯ãĄã‚ƒã‚“ã¨į†į”ąãŒã‚る。

昨æ—Ĩはバイトがįĩ‚わり、帰りがãĻらイã‚Ēãƒŗでヒãƒŧトテックと靴下をčŗŧå…Ĩした。ãĒã‚“ã›æąäēŦは8åēĻīŧˆæ˜¨æ—Ĩぎ夜čĻ‹ãŸã€‚īŧ‰ã ã€‚é‚ŖčĻ‡ã¯įĸēか18åēĻくらいだãŖた気がする。それでもぞぁ寒かãŖた。
ã‚ˆãæ˛–į¸„ぎäēēは
ã€Œæ˛–į¸„はæĩˇãĢå›˛ãžã‚ŒãĻるさ〜ね、だからæŊŽéĸ¨ãŒåšã„ãĻ寒いわけよ〜。」
ã¨č¨€ã†ã€‚ããŽä¸Šã€æœŦåœŸãŽå¯’ã•ã‚ˆã‚Šæ˛–į¸„ぎ寒さ斚が寒いčĒŦã‚’å ‚ã€…ã¨æå”ąã—ãĻくるäēēぞでもいる。ã‚ĸãƒ›ã‹ãŠå‰ã¯ã€ã¨č¨€ã„ãŸããĒる。明らかãĢæ˛–į¸„ぎ斚が暖かいãĢæąēぞãŖãĻいるだろう。そしãĻæąäēŦãĢäŊã‚“でるお前。お前だよこぎ野郎。
ã€Œå‰˛ã¨å¤ã¯æ˛–į¸„ã‚ˆã‚ŠæąäēŦぎ斚が暑いけおねぇâ€Ļ。」
はぁīŧīŧŸã‚ĸホかīŧīŧŸ
å¤ąį¤ŧ。
čŠąãŒã‚ēãƒŦãĻしぞいぞした。ãĻへ。

 

 

とりあえずäŋēã¯æ—…čĄŒãŽæē–å‚™ã‚’é€˛ã‚ãĻいたぎだ。åŋ…čĻãĒį‰Šã¯ã‚‚う全ãĻčŗŧå…Ĩ済ãŋ。2、3個ある内からæ—Ĩ数ãĢ最遊ãĒã‚ĩイã‚ēぎキãƒŖãƒĒãƒŧバッグを選択済ãŋã ã€‚æ—…čĄŒã§ãŠã‚ã‹ã—ã™ã‚‹æ ŧåĨŊすらもうč„ŗ内ではæąēぞãŖãĻいる。洗æŋ¯ãŽãƒĢãƒŧテã‚Ŗãƒŧãƒŗįš„ãĢã‚ãŽã‚ˇãƒŖツはį€ã‚ŒãĒい。ãĒã‚‰ã°ã“ãŽã‚ˇãƒŖツだ。3æŗŠ4æ—ĨだしãĒ、うんうん。厌į’§ã ã€‚

 

午垌10時、もう掋されたäŊœæĨ­ã¯ã‚­ãƒŖãƒĒãƒŧバッグãĢčŠ°ã‚ã‚‹ã¨ã„ã†äē‹ãŽãŋというč¨ŗである。
ã‚ŗã‚ŗでåŋƒãĢčŦŽãŽäŊ™čŖ•ãŒå‡ēãĻきãĻしぞãŖた。そうだ、一æ—Ļåž“å…„åŧŸãŽåŽļãĢ遊ãŗãĢ行ãŖãĻごéŖ¯ã‚’éŖŸãšã‚ˆã†ã€‚明æ—ĨãŽæœã‹ã‚‰ã¯æąäēŦãĒぎだ。挨æ‹ļしãĒい斚が可įŦ‘しいくらいである。

 

åž“å…„åŧŸãŽåŽļでぎんãŗりおåĨŊãŋį„ŧきãĢã‚Ŋãƒŧ゚をかけãĻいた時ãĢあるäē‹ãĢ気がつく。äŊ•æ—Ĩか垌ãĢã‚ĸãƒĄãƒĒã‚ĢãĢホãƒŧム゚テイãĢčĄŒãåž“å…„åŧŸãŒäŋēと同じ型ぎキãƒŖãƒĒãƒŧバッグを持ãŖãĻいるではãĒいか。
んīŧŸäŧŧãĻいるだけかâ€Ļいや違う、えīŧŸäŋēぎだけおīŧŸãƒžã‚¸īŧŸãŠã†ã„うäē‹īŧŸäŋē、それäŊŋうんですけお。
ã‚ŗã‚ŗはã‚Ŧツãƒŗã¨č¨€ãŖãĻやる。äŋēぎ斚が嚴上ぎしãŖかりした大äēēãĒã‚¤ã‚ąãƒĄãƒŗハãƒŗã‚ĩムボãƒŧイãĒお兄さんだ。

 

 

「â€Ļそれ、äŋēぎだけおâ€ĻīŧŸã€

 

『あぁ、これね。ãŋãƒŧãŋīŧˆæ¯čĻĒぎ愛į§°ã§ã‚る。ã‚ĸナフã‚Ŗフでこぎ愛į§°ã¯æ­Ŗį›´į—›ã„。īŧ‰ã‹ã‚‰ã“ã‚ŒäŊŋãŖãĻč‰¯ã„ãŖãĻč¨€ã‚ã‚ŒãŸã‚ˆã€‚ã€

 

「â€ĻあãŖ、マジかīŧããŖかそãŖかぁâ€Ļホãƒŧム゚テイæĨŊしんでおいでね。へへãŖ。」

 


ãĒんãĻå„Ēしいお兄さんだ。こんãĒãĢå„ĒしいヤツはčĻ‹ãŸäē‹ãĒい。10時間垌ãĢは搭䚗しãĒければãĒらãĒã„ã¨ã„ã†åąæŠŸįš„įŠļæŗã§ã‚ã‚‹ãĢもé–ĸわらずだ。

ã‚ãã‚‚ã†ãƒ€ãƒĄãĒį”ˇã äŋēは。į…™č‰ãŒå¸ã„ãŸã„ã€‚ã„ãĄæ—ŠããƒŠãƒƒã‚­ãƒŧ゚トナイクãĢįĢをį‚šã‘たい。そぎ一åŋƒã§é€ƒã’るようãĢåž“å…„åŧŸåŽ…からå‡ēãĻæĨた。ここで一æ—ĻåŽļãĢæˆģり、やãŖãąã‚Šã‚­ãƒŖãƒĒãƒŧバッグčŋ”しãĻãĒんãĻč¨€ãˆãĒい。おうするīŧŸãŋんãĒãŠã†ã—ãŸã‚‰č‰¯ã„īŧŸ


一æ—ĻåŽļãĢ帰ãŖãĻįĸēčĒã‚’しよう。
掋されたキãƒŖãƒĒãƒŧバッグは、小2ぞでãĒらå…ĨれそうãĒæģ…čŒļč‹ĻčŒļでかいį‰Šã‹ã€ãƒãƒŖックがåŖŠã‚ŒãĻ閉ぞらãĒいį‰Šã ã€‚åžŒč€…ã¯åŽŒå…¨ãĢãƒŠã‚ˇã§ã‚ã‚‹ã€‚ãŠã†č€ƒãˆãĻã‚‚ãƒŠã‚ˇã ã€‚äŊ•æ•…äŊŋえãĒいぎãĢずãŖとįŊŽã„ãĻあるぎか分からãĒくãĒるãģおãĢãƒŠã‚ˇã ã€‚ かといãŖãĻã€å‰č€…ãŒã„ã„ã‹ã¨č¨€ã†ã¨ãã‚“ãĒäē‹ãĒい。厌全ãĢãƒŠã‚ˇã¨ã„ã†äē‹ã¯åŒã˜ã ã€‚
åŋ˜ã‚ŒãĻるかもしれãĒいが"3æŗŠ4æ—Ĩ"ãĒぎだ。一æ—Ļ荷į‰Šã‚’å…ĨれãĻãŋるも8分ぎīŧ‘į¨‹åēĻãĢしかãĒらãĒい。

 

もう、夜中ぎīŧ‘īŧ’時だ。おうしよう。もう小į†ŠåŽļãĢ掋されたį‰Šã¯ãĒい。友達ãĢãŠéĄ˜ã„ã—ã‚ˆã†ã€ã“ã‚“ãĒ夜中ãĢį”ŗしč¨ŗãĒいが、キãƒŖãƒĒãƒŧバッグを借りãĢčĄŒã“ã†ã€‚ãã†ã—ã‚ˆã†ã€‚ã‚€ã—ã‚ãã‚Œã—ã‹į„Ąã„。

 

そこから友達ぎåŽļぞでドナイブである。夜中ぎį”¨äē‹ã ã‹ã‚‰į”ŗしč¨ŗãĒい。せめãĻã‚‚ãŽæ°—æŒãĄã§ã‚ŗãƒŗãƒ“ãƒ‹ã§ãŠč“å­ã§ã‚‚č˛ˇã†äē‹ãĢした。
気がäģ˜ã‘ばįĢ‹ãĄčĒ­ãŋをしãĻいた。だãŖãĻæ˛–į¸„ぎã‚Ģフェ、気ãĢãĒるんですもぎ。

 

時は12時半。明æ—Ĩは5時半ãĢčĩˇãã‚‹äēˆåŽšã§ã‚る。


そぎ垌キãƒŖãƒĒãƒŧバッグを取り、åŽļãĢį€ã„た時間が1時半。時間かかりすぎīŧŸãžããžãã€čŊãĄį€ã„ãĻ。ぞた1からキãƒŖãƒĒãƒŧバッグãĢčŠ°ã‚ãĒいといけãĒã„ã€‚ã‚ããƒ€ãƒĄã įœ ã‚ŠãŸã„。一æ—Ļį…™č‰ã‚’吸おう。んīŧŸã“ぎマãƒŗã‚Ŧ気ãĢãĒる。äŋēは掃除をする時ãĢéĢ˜æ ĄãŽå’æĨ­ã‚ĸãƒĢバムãĢ手をå‡ēすã‚ŋイプぎäēē間である。

 

 


ãĒんだかんだ寝たぎが夜中ぎ2時半である。

äŋēはæ‚ĒくãĒい。キãƒŖãƒĒãƒŧバッグがあれば11時半ãĢは暖かい布å›Ŗぎ中でįœ ã‚ŠãĢつけたぎだ。さぞかし嚸せだãŖたろう。

 

 


äģŠã€įžŊį”°å‘けぎéŖ›čĄŒæŠŸãŽä¸­ã§æ›¸ã„ãĻいる。
2æ™‚é–“é…ã‚Œã§ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‚’å–ãŖた。ãĒã‚“ãĄã‚…ã†ã‚ĸホだäŋēはぞãŖたく。

 

もう一į”Ÿå¯ãĒい。

 

 


あぁåŊŧåĨŗãĢãĒんãĻčŦã‚ã†ã€‚