オグプロ?

日本語ラップ カレー Mr.Children 煙草 が好物です。

馬天漁港

 

 ミキヤという友達と毎日のように遊んでいた。お金が全く無かった僕達は散歩したり、ドライブをしたり、公園で話したりと平成の世とは思えないような日常を送っていた。お互いに気を遣わずに過ごせる友達。真夜中12時を過ぎた時計を見て「もう今日だな」と平凡なセリフを容易く吐ける。良いのか悪いのか分からないけれど、一度も喧嘩をした事が無い。俺はなんとなくミキヤの考える事は理解出来るし、ミキヤも俺の考える事はなんとなく分かるみたいだった。

 僕は人が嘘をついているかどうか、目を見たらなんとなく分かる。でも"なんとなく"であって、絶対という訳ではない。でも、いつからかミキヤだけは目を見ると嘘かどうか確実に判断出来るようになっていた。仲の良い親友達と人狼ゲームをした時も、ミキヤだけは推理せずに人狼かどうか分かる。嘘をついていない時と何がどう違うのか説明は出来ないが、嘘だという事は絶対分かる。ある日「彼女が出来た」とミキヤが僕に話してきた。「ふーん、誰?」と話しながら目を見ていると嘘をついているのが分かったので、「彼女出来てないだろ」と聞くと彼女が出来たのは本当のようだった。「じゃあそんな好きじゃないだろ」と言うと、答えを濁していたので正解だったらしい。

 ミキヤは僕がタイ旅行に行ったほんの数日の間に死んだ。最後にテレビ電話をした時に、「今度みんなでタイに行こうぜ」と問いかけると「いいね、楽しそう。行こう!」と言っていたが、確実に嘘をついていた。アレは絶対嘘だ。その時は、ただタイが嫌だと思ってるのかなぁと考えていた。どうしてもあの日から考え込んでしまう。死ぬのは怖い。とても怖い。でもミキヤは自殺とは根本的に違うのだ。そして決まって僕は自分の存在が恥ずかしくなる。のうのうと生きていやがると思う。

 何かの正義を強く主張して、ちょうど良い案配の潰せる小さな悪に対して厳しく向かって行く団体の臆病な英雄に気持ち悪さを感じて仕方がない。まるで俺みたいな奴だなと思う。都合の良い正義だなと思う。絶対に勝てないモノに真っ向から立ち向かって殺された人の方が格好良くて、憧れる。僕は死ぬのが怖いし、誰も僕の命など欲しがっていない事は重々承知だ。

  タイから家に帰って来たけど、家でじっとしていられなかった。かと言って、死んだ友達の顔なんて見れない。今までのミキヤの思い出が、一瞬でその顔に奪われてしまう気がするからだ。

 外国のラッキーストライクは少し味が違う事を伝えると、一箱だけ残してて欲しいと言っていたので残しておいたタバコを一箱だけ海にぶん投げた。隣で釣りをしているおじさんに怒鳴られたが、聞こえないフリをしてそのまま歩いた。近くのコンビニでコーラを買った。「コーラ飲んだ後って歯磨きした後みたいに歯がギシギシするから好きなんだよね」と聞こえてくる。泣きそうになったので大音量でエレカシを聞くと一緒に歌ってくる。タバコを吸うと「煙っていつの間にか透明になるよなぁ」と聞こえてくる。

 気がつくと煙はいつの間にか透明になっていく。月夜の馬天漁港が綺麗だった。

 

 

GARAM

 

 昔、こち亀を集めていた。中学生だった自分には、100巻から集めるのは何か大きい権力に負ける気がしていた。かと言って1巻から集めるには終わりが遠すぎるので、101巻から集める事にした。これだ、という理由も無いが、101巻から集める事に満足していた。月に1巻ずつ買うことを自分の中でルールにしていたが、4月は気が付いたら110巻まで買っていた。5月からは、買わなくなった。

 ある夜、泥酔して帰った僕は今までそんな習慣は見せなかったのに、何故か1人で落語を喋り始めてしまった。普段なら絶対人には見せない姿だ。疲れていたかもしれない。

 すると母親の部屋から「うるせ〜!」と怒号が響いた。誰にも求められていない落語を披露し、久々に本気で大人に叱られた。究極の羞恥と自分の落語が面白くないという事実が混ざり合い、酷く腹が立った。普段なら謝って終わる事なのに、酔っていたせいでもあるのか怒りが爆発した。

 僕は側にあった本を手に取り、壁に向かって力いっぱい投げていた。ところが僕の怒りに反し、開いた本は羽をバサバサするようにもたつき、壁にさえ届かなかった。カバーが取れた本を見るとこち亀の111巻だった。110巻までしか買っていないつもりだったのに、今までなぜ気づかなかったのだろう。昔の事を思い出しながら読んだ。窓を開け煙草を吸いながら、また集めようかなと、思った。

それにしても今日は雨が強い。

 

 

 

トロン

真夜中。

小雨が降っているが、そのまま歩く。

自身の肉体の、三歩後ろを歩く。

次の瞬間、煙草の煙が充満している妙な部屋に居る。

煙がいつ透明になるか見つめてみるが、分からない。

爆音で鳴る声は優しく、通りを走る自転車の音は喧しい。

この世で唯一この場所だけが膨張し、他は収縮していく。

さようなら、元友達。さようなら、天才。

 

ユメ

 

 

夢の話。

夢とは、寝ている間に見る非現実的な錯覚であり、将来実現させたいと思っている事柄であり、現実から遠く離れた空想であり、頼りなく儚い事であり、心の迷いでもある。

夢は現実であり非現実でもある。

 

子供の頃、仮面ライダーになりたかった。高校1年生まで本気でなろうと思っていた。非現実的な夢ではなく、スタントマンになる事を実現させたかった。芸人にもなろうと考えていた。小学校の卒業式で「将来の夢はお笑い芸人です。トータルテンボスの大村さんみたいになりたいです。」と、皆の前で宣言するくらい。

 

将来何になるかは分からない。

もし僕が教師になったとしたら、芸人か仮面ライダーになりたかった僕にとって夢は非現実。

ずっと教師になりたかった誰かが、教師になると夢は現実になる。

ところが子供の頃からずっと教師になりたくて、やっと教師になったところで目が覚めてしまった看護師にとって、夢はやはり非現実なのである。

だとすればずっと教師になりたかった教師の夢は本当に現実なのだろうか。授業中に急に目が覚めて、現実の世界に戻るかもしれない。

こうやって考えていると今現在、現実か非現実か分からなくなってくる。

 

たまに怖い夢を見ると、いつも同じ方法で目が覚める。

 

つい最近見た夢だ。家族の1人が死んだ。夢の中で僕はその現実を疑う事なく受け入れ、この上ない悲しみを感じていた。しばらく経って気が付く。(これは夢じゃないか?)その瞬間から自分の身体に「起きろ!」と命令を送り、無理矢理目を開ける。すると目が覚め、それが夢であった事に安堵する。

 

これも最近の話。僕の親友が死んだ。何処か掴み所が無くて、音楽の才能があって、タバコを好んで、何故かずっと僕の話を面白い面白いとケラケラ笑ってるヤツ。親友が亡くなって、何日間も死ぬほど泣いた後にまた気付く。(これは夢じゃないか?)と。ところが今回は違うようだ、何度も目覚めようと身体に命令を送っても目覚めない。いつか悲しみから寂しさに変わった頃に、突然目が覚めた。今は何時か確認しようとスマホを見ると、親友からのメッセージが届いている。《もし暇だったら、遊ぼう(゚∀゚)》親友の家の前に車を停めると、足を引きずりながら歩いてきた。特にする事も無いので結局同じ場所に辿り着く。海沿いの道で、いつも通りのくだらない話が続くのだ。

  

これは絶対に叶う事の無い、僕の夢の話である。

 

 

 

 

那覇からバンコクへ。

 

 

 

那覇から台湾 チャイナエアライン

 

 f:id:coelacanth6moji:20170427233750j:image

 

常に誰かの話し声が聞こえる。羽田行きの飛行機での静寂は奇跡だったのか?
CAが勝手にテーブルを出し、ミートパイを渡される。明らかに大きい。寝てる人にも御構い無しだ。CA全員ががお節介なおばちゃんのよう。

ミートパイ、美味い。パイの中身はツナコーンピザの味に似ている。あと、掌サイズの水も渡された。握り締めると隠れる。
パイの大きさに比べてこの水は、量が少ない。口内の水分が全てパイに取られる。水を全て飲みきった後に右手に掴んでいるミートパイを見ると、まだ前半戦が終わった頃。後半は水分補給無しか。完全にペース配分を間違えた。

ミートパイを食べ終え、本を読んでいると、何かおかしい。今までの飛行機からは聞こえない、奇妙な音がする。イヤホンが壊れたのか?外してみてもまだ聞こえる。顔の角度は変えず、視線だけを右に向けると、眼鏡をかけた女性が林檎を丸々齧っている。
その女性の見た目からは想像も出来ぬワイルドさである。
兎の形になっている物をタッパーから取り出して食べるなら、まだ分かる。そのまんまじゃないか。国際線だと普通なのか?

今から向かおうと言うのに、早くも海外の洗礼を受けた気になる。この先が不安になる。

 


那覇から台湾、台湾からタイのバンコク。乗り継ぎも特に問題は無かった。台湾からバンコクに向かっている飛行機の中で、新作の映画が無料で観れた。国際線ともなると映画まで観られるのかと驚いた。まだ着いてもいないのに帰りが楽しみになってきた。

 

 f:id:coelacanth6moji:20170427233829j:image

スワンナプーム空港に到着、広すぎる(成田空港の3倍の大きさらしい)。ケータイも使えないし英語も特に話せないけど、1人なのでとりあえずホテルまでは辿り着かないといけない。

日本語が聞こえて来ないのは少し心細く、少し寂しい。

 f:id:coelacanth6moji:20170427233618j:image

 

 

ホテル着。
寝る事以外何も出来そうにないが、特に寝るだけなので大丈夫。二泊で1800円くらい、まぁまぁじゃないか。

 

とりあえず今日は寝ます。

異国にありながら異国の人から関心を示されない。こちらは好奇の目で見ているが、向こうからは少しも見られない。なんだか、透明人間になっていくような快感があります。

 


グンナイ。 

 

下ネタについて。

 

 

 

下ネタ。

 

我々の生活とは切り離せない物である。下ネタには2種類あると思う。排泄的な話と夜の生活的な話、今回は後者について話していこうと思う。

Twitterにも呟いたが、俺の下ネタは上品だから皆一旦耳を傾けてくれ。何も好きな体位やプレイ内容について触れようと思ってる訳ではない。大丈夫、安心してくれ。

下ネタ自体が下品で下世話だ、と思う女性諸君。そっとこのブログを閉じてくれ。そして男性諸君、このブログを読み終わり次第すぐにX VIDEOを検索してくれ。特に意味は無いけど。

 

 

 

下ネタを言って引かれた経験、ありませんか。

分かります、俺はあります。

でも思い出してみて下さい。周りにこういう男友達いませんか?

 

《下ネタを言ってるクセに女性に引かれない。もしくは下ネタを言ってるのに嫌な気分がしない。》

 

ズルいよね、羨ましい。同じ変態だと思って仲良く話してたら俺だけ女に引かれてんの。アァやだやだ、どうせ変態のくせに。

 

なんでそういう違いが出てくるのか、今日は考えてみたいと思います。書きながら考えてるから、今のところ答えも出てないし、これといった内容も考えてません。お許し下さい。

 

 

まず男性は、3種類に分かれます。

 

•女性の前では全く下ネタを言わない。おっぱいすら言うのを躊躇し、頬を赤らめる。正直可愛い。

•女性の前でガンガンに下ネタを言うが、ドン引きされる。←多分コレ俺。

•上の方と同じで女性の前でガンガンに下ネタを言うが、引かれない。むしろ爽やかさすら感じる。実はド変態、多分。

 

 

 

まず1つ目、女性の前で全く下ネタを言わない男性。

女性からは好印象。飲み会の席でも下品な事は言わず、下ネタを振られたら常に苦笑いをする。好きなお酒はカルアミルクでしょう。サラサラヘアーで色白、笑うと右側にだけエクボが出てきます。趣味は散歩と読書。あぁ可愛い。

 

女性の皆さん、こういうタイプには気を付けてください。何故かというと僕達(僕達と言わせてください。)を遥かに凌駕する変態だからです。普段アブノーマルなAVしか見ないんでしょう。

だから

下ネタ=ア◯ル…?=女性に嫌われる=下ネタ言わない=苦笑い=「カルアミルクもう一杯下さい。」

って事になるんです!!!分かりますか!?女性の皆んな!カルアミルクには要注意ですよ!!このド変態むっつりスケベが!!!

(因みに、僕はカルアミルク、大好きです。)

 

もしくは、女性の前で下ネタを言った経験があり、引かれてトラウマになっている。このパターンですね。

この場合、言った経験があるという事ですから、普通に変態です。

爽やか系を装ったド変態です。俗に言うロールキャベツ系男子です。見た目や言動は草食系に見えるけど、実は肉食系って言う奴らです。もうめっちゃ変態です。大人のおもちゃ2、3個は持ってます。嫌です。

 

 

 

 

 

 

そして、下ネタを言うが引かれて変な感じになる人。

ワカルワカルー!イイゾイイゾ!モットイエー!という声が聞こえて来ています。まずは落ち着いて下さい、うるさいです。

そうなんです、殆どの男は下ネタを言うと引かれます。

でも僕思うんですよね、殆どの女性は知らんぷりしてるんじゃないかって。

 

会話の流れでたまたま出て来た下ネタ(と捉えられるワード)に対して、無知なフリしてると思いませんか?例えば、

男A「アイツ中学の時パ◯パンにしてさ〜」

男B「マジかよ〜それでそれで?」

っていう会話があったとしますよね、例えばですよ。例えばです。こんな話した事ありませんけど。

 

この会話の中にいる女Aが(えっ?パ◯パンって何?わかんないわかんないっ、何それぇ〜!!パンなの?食パンとかそっち系?えっ?わかんない!でも、美味しそう〜!太っちゃう〜!!)

みたいな顔するんですよ。パ◯パンなんて生まれて初めて聞きました的な顔を。実際は何も言ってませんが。

 

 

 

 

…分かるだろ!!アホかお前は!!!

 

って、内心なるんですよね。女性の皆さん、アレ、良くないですよ。知らなくても知ってるフリしてて下さい。そっちのがモテます。

因みに、何度も言いますが、例え話ですからね。実際は好きなワインについてよく話しますからね、僕。こう見えて生まれは東京なんです、シティボーイです。

 

そして無知なクセに、下ネタという事だけは知ってやがるんですよね。それで引くんです。どうぞ、知らないフリするなら最後まで知らないフリしてて下さい。下ネタって事だけは勘付きやがって、この野郎。

 

 

 

 

なんの話だこれは?

 

 

 

 

取り敢えず、殆どの男は下ネタを言うと引かれます。でも下ネタを言ってても引かれていない男性もいるのも事実。

 

今までそういう話をすると、殆どの場合引かれて来ましたから、ここは一つ素直に学んでいきたいと思います。やっぱり人間ですから、嫌われたくは無い訳です、下ネタは言いたいですが。

 

下ネタを言っても引かれない人…

そうですね、例えば福山雅治さんですね。マシャです。(おばさんが福山雅治の事マシャって呼んでる。マシャのファンじゃないからちょっと引いてる。)マシャがエロい話してても、爽やかですよね。むしろ好印象ですらある。

何故でしょうか?

 

あとはチュートリアル徳井義実さんですね。

エロい話をしますが、女性からの支持は常にあります。

何故でしょうか?

 

あと、Mr.Children桜井和寿さん。

あぁ見えて物凄く変態です。ラジオやライブ等でよくピンクトークが見られます。それなのに女性ファンが大勢います。

何故でしょうか?

 

 

 

 

 

ん?カッコいいから…?

 

 

 

うーん。ちょっと待って下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうですね、皆さん気付きましたか?

 

今まで、(引かれてないなぁコイツ、下ネタ言ってるクセに。)って思ってた人。カッコ良くないですか?頭に思い浮かぶのはハンサムボーイばかり、カッコ良ければ許されるのです。

 

 

逆に、今まで引かれていた男性はカッコ良くないから引かれてたんです。カッコ良ければ何でも良いんです。下ネタ言わなくても、下ネタ言ってても結局カッコ良いんです。カッコ良いという事実は変わらないんです。もう無理なんです。

 

下ネタ言って引かれる人は、下ネタ言わなくても引かれてるんです。

 

 

どうします?

俺はもう下ネタなんて口にしたくないです。

口にして、引かれる度にイケメンじゃない事を再確認しなくてはいけませんから。

 

女性はもう、知りません。勝手に引いて下さい。どうせ変態なクセに。

 

あと。

よかれと思って男性の前で(ほらぁ、下ネタ大声で言っちゃう私どう?何でも躊躇無く言えるタイプなの私。)的な感じで下ネタ大声で話す女性。

 

アレ本当にモテないですからやめて下さい。

男が引いてます。引いてないのは童貞くらいです。

 

 

 

 

 

 

結論、下ネタ言いたいけど引かれたくは無い、そんな欲張りは整形をして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

※完全に独断と偏見で書いてます。文句があっても心の内に閉まっておいてください。それが大人というものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザギンでシースー?

 

 

 

「銀座の11階で、創作ギリシャ料理食べて来たんだぁ〜」

 


誰しも死ぬまでに一度は言ってみたいと思うフレーズである。すまない、俺はもう言えるのだ。むしろ何かを話し始める前には言っていこうと思っている。勿論自己紹介で言わない訳がない。落語でいう"枕"である。

 

 

「あ、初めまして。銀座の11階で創作ギリシャ料理を何食わぬ顔で食べた事があります。小熊と言います。好きな食べ物はカレーで、嫌いな部活動は女子バスケットボール部です。」

 

という具合だ。なんとお洒落なシティボーイだろう。ザギンでシースーならぬ、ザギンでシャーギリのサクソーである。


女子バスケットボール部は五月蝿いから嫌いだ。一人一人話してみるとみんないい奴なのにだ。なのに何故集まるとあんなに厄介なのか謎だ。そして全員自分の事が可愛いと思っていると、俺は勝手に思ってる。
それはもう本当に迷宮入りだ、ラビリンスである。

 

改めて、
銀座の11階で創作ギリシャ料理を食べて来ました。


何度も言わなくていい!という声が聞こえてくる。そう呟いたそこの君、コレね、めっちゃ言いたくなるよ。マジで。

 

正直な感想を述べると、『銀座やだ』です。

 

銀座は光が絶えずキラキラとしていて、かと言って怖い兄ちゃんがいる訳ではなく、通り過ぎて行く人は皆スーツ姿でいかにもインテリっていう感じだ。全員が全員金持ちに見えてくる。これを人は銀座マジックという(今思い付いた)。

 

 

俺もその銀座マジックにかかってしまったのだ。それはマジックなんかではなく、本当に全員金持ちなのかもしれない。金持ちからしたら銀座の11階で創作ギリシャ料理を食べる事は、俺でいう南風原ジャスコのフードコートではなまるうどんを食べる事と変わらない事である。なんかムカついて来た、金分けろや、一万円くれや。

 

こっちは普段の生活とはまるでかけ離れている。料理を口に運ぶだけでも精一杯だ。

 

 

俺のフォークとナイフの使い方はこれで当たっているのか?
メニューにカタカナが多すぎやしないか?
何故料理が出てくる度にスタッフが説明するのか?
待てよ、割と雑に食べた方が良いんじゃないのか?
慣れてる感が物凄く出るんじゃないだろうか?
むしろ手で食べようか?

 

 

羞恥心で死にたくなってくる。食事してるのに死にたくなるとはどういう事だ。まず創作ギリシャ料理ってなんやねん。ギリシャ料理自体食べた事ないのにそれを創作するなよ。キュウリのお酒ってなんだよ。滅茶苦茶美味いけどさ。

 


ただ、食事していただけなのに滅茶苦茶疲れてしまった。

 

 

帰り道に東京タワーに寄った時に、ふと思った。 

あそこでご飯食べてた人達、全員普通の人たちで今日だけ頑張ってたとしたら何に俺は緊張してたの? 


そうかそうか、なるほど、アイツらみんな可愛いな。

 
あの明らかにカツラのおじさんも、良い女風に着飾ったブサイクな女も皆んな優しく抱きしめてやりたい。

 

抱きしめた後に耳元でこう言ってやりたい。

 

「牛丼食いに行くか?
       ネギ玉つゆだく大盛りだぜ…?」